腎臓病は治療で改善|対応した病院を探そう!

今注目される新たな国民病

女性医師

現在腎臓病は「新たな国民病」として注目されています。自覚症状が無いため、定期的な検査を受けて早期発見をすることが治療のカギとなります。腎臓病は日々の生活習慣の見直しなどで改善できる部分も多くあります。適切な治療を受け、健康を維持できるようにしましょう。

Read

腎臓機能低下を防ぐ治療

入院

さまざまな原因で腎臓機能に障害が表れる病気を、腎臓病として総称しています。悪化すると人工透析も必要となりますが、病院では可能な限り透析を回避するよう、腎臓病患者を多方面からサポートしています。食事療法をはじめとする生活管理の徹底により、透析に至らないまま日常生活を送っている患者さんも多くいます。

Read

悪化する前に気づくこと

手

気づきにくい病気

体の不調は、風邪のようにすぐに症状に出るようなものだと良いですが、体内の臓器などの不調はなかなか気づきにくい部分があります。特に腎臓は、自覚症状があまり出てこないため、気づいた時には既に病状が悪化していたというケースも少なくありません。そのため、もし腎臓病になっていたとしても、定期的に健康診断などを受けていなければ発見しづらいこともあります。腎臓病の症状としては、体がだるかったり、足などがむくみやすかったりと、とても原因が腎臓にあるとはすぐに分からないような症状です。一番分かりやすいのは、尿検査でタンパクが出ている場合です。通常尿にはタンパクは出ませんが、濃いタンパクが含まれているとなると、再検査をしたほうが良いです。

食事制限とサプリメント

腎臓病になってしまうと、治療中は食事制限を行わなくてはならないことが多くあります。特に腎臓はタンパクの処理で相当な負担がかかっています。負担を減らすために、良質なタンパク質を適量摂取することです。良質なタンパクとは、肉や魚、大豆製品や乳製品などのことをいいます。ハムやウィンナーのような加工食品は、どうしても余計な塩分までとってしまうことになりますので、注意が必要です。また薬での治療も可能です。医師から処方された薬で腎臓の機能をサポートし、身体への影響を改善することが出来ます。それから腎臓病の重度によっては、医療機関で人工透析を行うこともあります。これは腎臓がほとんど機能していない時に、腎臓に代わって血液のろ過などを行うもので、定期的に行う必要があります。

病院に行くと改善する

入院

腎臓病は、すぐに病院を受診する必要があります。病院で治療をしてもらいながら、自宅でも塩分を控えるなど対処することで、早くに快方へ向かいます。腎臓病は治療に時間がかかるので、できるかぎり、予防をするように心がけると良いです。

Read